プロテインダイエットは効果があるのか?正しいやり方と仕組みを解説!

プロテインという名前を聞くと「筋肉」をイメージするかと思いますが、実はダイエットにも有効的です。

やり方さえ間違えなければ効果的なんですが、その反面で「本当に大丈夫なのか?」「怪しくないか?」「効果はあるのか?」そういった声もあると思います。

今回はプロテインダイエットとは何か?その正しい方法を解説していきたいと思います。

運動は必要?

プロテインダイエットと聞くと「楽をして痩せられる!」と言うイメージを持っている人も多いかと思いますが、決してそうでは無いという事を始めに言っておきます。

これはどのプロテインダイエットでも共通して言えることです。

例えば運動はせずに、食事をプロテインとすり替えるというカロリー制限のみの方法だと楽ですが、あまりおすすめはできません。

実際に食事とプロテインをすり替えるダイエット方法もありますが、一時的に痩せるだけでほとんどリバウンドします。

しかも、体重は落ちますが見た目に張りがなく少したるんで見えるんです。

その原因は筋肉がないからです。

つまり、プロテインダイエットに運動は必要かどうか?という疑問があると思いますが、答えは必然的にyesと言う事になります。

前提としてプロテインダイエットは程よい運動も必要だという事を覚えておいてください。

プロテインダイエットの仕組み

上記で説明したようにプロテインダイエットに運動は必要です。

つまり、プロテインで摂取カロリーをコントロールして運動で消費カロリーをコントロールします。それにより、摂取カロリーと消費カロリーの差で健康的に減量していく仕組みです。

プロテインダイエットにはメリットがあります。それは健康的に痩せることが出来るという事です。

ただ単に食事をプロテインにすり替える、すり替えダイエットではなく運動を取り入れるからこそ、健康的に無理なく出来るダイエットだと言えます。

しかし、運動や筋トレを取り入れると体がムキムキになったりするのではないか?と心配になる人もいるかと思いますが、そう簡単にムキムキにはなりません。

多少は付くかもしれませんが、見た目は引き締まり代謝が上がるんです。基礎代謝が上がることにより、痩せやすい体・リバウンドしにくい体になります。

つまり

  • プロテインでカロリーをコントロール
  • 運動も行い健康的に減量する
  • 基礎代謝を上げて、痩せやすい体質・リバウンドしにくい体質を手に入れる

これがプロテインダイエットの仕組みであり本質です。

効果はあるのか?

diet 2

効果は個人差がありますが、カロリーの摂取量と消費量をコントロールできれば必ず効果は出ます。

効果が出ないのはやり方が間違っているからです。

そもそも、プロテインを飲んで太ったという事例がありますが、ある意味正常です。

正確には食事制限や運動をせずにプロテインだけを飲むと太ります。

今までよりプロテイン分のカロリーが上乗せされるわけですから、太るのは当たり前です。

だからこそ、食事とプロテインを入れ替えてカロリーをコントロールしたり、運動を取り入れるんです。

これはどのプロテインにも言える事ですが、プロテインを飲めさえすれば痩せるという事は無いので語弊が無いようにしてください。

プロテインダイエットは効果はありますが、その反面で栄養不足になるのではないか?という心配もあると思います。

プロテイン=健康補助食品です。

低カロリーですが、栄養素も充実していてダイエットの事を考えて作られています。

たんぱく質を多く摂取するので肌荒れなども比較的起こりにくいそうです。最近のものはコラーゲンなども十分に含まれています。

ダイエットに成功しても、肌荒れなどの悩みが出てきたら意味がないですからね。その部分については心配ありませんがバランスの取れた食事を心がけましょう。

プロテインダイエットの正しいやり方

食事とプロテインを置き換える

まずは、プロテインと食事を入れ替えるのですが以下の方法があります。

  • 1日の食事の一食をプロテインに置き換える
  • 間食の代わりにプロテインに置き換える
  • 食事の前に飲み、食事の量を減らす

これは基本的な食事とプロテインの差し替え方法です。

最もオーソドックスなのは「一日の食事の一食をプロテインに置き換える」方法です。

間食が多い場合は、間食と置き変えてもいいですし、食事の量を減らしたい人は、まず食前にプロテインを飲む事で量を減らす事ができます。

絶対にやってはいけない事は、三食とも食事をプロテインに入れ替えることです。

これはかなり危険です。一食をプロテインに入れ替えて行いましょう。

食事をプロテインに置き換えることで摂取カロリーを抑えます。

朝食の平均カロリーは400k~500calです。プロテインが100kcal前後なので約300kcal程度の食事制限ができます。

もし、昼食に800kcalのカロリー摂取があった場合にプロテインと置き換えると700kcalのカロリー消費ができる計算になります。

どれくらいの運動量が必要か?

gatag-00000589

これは人それぞれですので一概には言えません。

しかし、筋トレも有酸素運動もどちらもすることをおすすめしています。

もしも時間がない場合は有酸素運動の日、筋トレの日と分けて行ってもかまいません。

有酸素運動で一番いいのは走る事ですが、つらい部分があるので長続きしないのが現状です。

そのため、室内で出来るエアロバイクは人気が高いです。

メーカー:アルインコ
販売:Amazon

エアロバイクなら太ももを鍛えることもできます。ふとももの筋肉は体の中で一番大きいので、そこを鍛えることにより代謝も上がりますし、足痩せにも効果的です。

その他、各種筋トレやスクワットも効果的です。

  • 運動量は人それぞれ
  • 有酸素運動・筋トレを行う
  • 太ももから鍛える

【関連記事】

効果抜群!脚痩せに効果的なスクワットの正しいやり方

2016.04.02

 おすすめのプロテイン

プロテインと言っても数えきれないほどの商品が出ていますし、実際にどれでもいいという訳ではありません。

前提として栄養バランスに優れている事。いくらカロリーを抑えても栄養がなければ健康的に痩せる事ができないからです。

たんぱく質はもちろん、コラーゲンやビタミンも豊富に配合されているほうが好ましいです。

更に、長く続けられるように美味しい・効果があり腹持ちも良い、と言う事は欠かせません。

続かないと意味がありませんし、そのためには飲みやすく効果があるものに限られます。

  • 栄養のバランスが取れている
  • 効果があり腹持ちがいい
  • 美味しく、続けられる
  • 低価格

欲張っているようですが実際にそのようなプロテインがあります。

おすすめなのは安心安全のDHCから出ているダイエット専用プロテインです。

プロテインダイエット専用と言う事で栄養素も豊富で安心してお召し上がる事ができます。

しかも、人気もトップクラスでダイエットに成功しているという声も多くみられます。

そしてもう一つおすすめなのが、ヘルシーバンクのダイエットシェイクです。

このプロテインもDHC同様に人気があるメーカーなのですが、初心者向けです。

なぜかと言うと、初回限定商品に限り全額返金制度があります。

つまりどういう事かと言いますと、もしもこのプロテインを飲んで効果が出なかったり気に入らなかったら返金ができるという事です。

しかも、初めての方は20%OFFで購入出来るのが人気が高いです。

 

※期間により料金やシステムは変動します。


シックスパッド

まだまだ人気が凄いですね!
当サイトでも大人気で衰える気配がありません。
腹筋を鍛えたいならシックスパッド!最近では贈り物として利用している人も多いようですね。詳しくはこちら↓