おすすめのプロテインシェイカーとその種類と特徴【まとめ】

数あるプロテインシェイカーの中であなたはどのシェイカーを使っていますか?

もしくは今から選ぶという人も多いかもしれません。

今回は、どうでもいいようで意外と大切なおすすめのプロテインシェイカーを紹介、そしてシェイカーの種類と特性についても解説します。

もしも、シェイカー選びに迷っているなら参考にしてみてください。

プロテインシェイカーの種類と特性

現在、かなりのプロテインシェイカーが出ています。

各メーカーからはもちろん、ノーブランド、海外製品など、形状やサイズも豊富です。

その中でも代表的なものを紹介します。

一般的なシェイカー

SAVAS シェイカー

【※ザバスプロテインシェイカー500ml】

昔から使われてきているのがこの、一般的でシンプルなシェイカーです。

このタイプは各メーカーから必ず出されている形ですね。

【メリット】

  • 使いやすい
  • 価格が安い
  • 洗いやすい
  • 一気飲みしやすい

【デメリット】

  • 作りが安っぽいものが多い
  • プロテインの種類によっては、粉が溶けにくい

安くて使いやすいと言う点で、長く愛されている、オーソドックスなシェイカーと言えます。

とりあえず購入しようと考えている人はこれで十分です。私のこの手のタイプを愛用しています。

関連記事最近使っているバンデル(350ml)のプロテインシェイカーがしっくり来ている!蓋の閉まりがGreat!

メーカー:SAVAS
販売:Amazon

飲み口の狭いタイプのシェイカー

DNS シェイカー

【※DNSアクティブシェイカー350ml】

最近はこの形のシェイカーが人気のようです。

理由はさまざまありますが、飲み口の開閉が楽にできるのも、スタイリッシュで人気のポイントです。

更に、上の画像はDNSですが中にメッシュが入っています。

これにより、溶けにくかった粉も綺麗に溶かすことを可能にしています。このメッシュタイプは本当におすすめです。

【メリット】

  • 飲みやすい
  • 飲み口の開閉が楽に出来る
  • メッシュがついているものが多い

【デメリット】

  • 洗いにくい
  • 臭くなる
  • 飲み口の蓋が壊れる(壊れた)

実際に使っていたのでわかるのですが、メッシュタイプのものは、抜群の溶けやすさがあるのでとても重宝します。

しかしその反面、パーツも増えて洗う手間が余分にかかります。

更に、洗いにくく、どうしても洗い残しがあるようで徐々に臭くなってきました。

最終的には蓋が壊れました。

しかし!粉の溶けやすさはトップクラスなのは間違いありません。

メーカー:DNS
販売:Amazon

ステンレスボールを使うタイプのシェイカー

ブレンダーボトル

【※ブレンダーボトル600ml】

海外発真のこのステンレスボール何ですが、かなりの効果を発揮します。

メッシュと同じくらいの粉どけの良さがあり、人気上昇中です。

更に飲みやすく、持ち運びにも特化しています。

【メリット】

  • 使いやすい
  • ステンレスボールが入っているので粉溶けが良い
  • 飲み口の開閉が楽にできる
  • 持ち運びに便利

【デメリット】

  • 洗いにくい
  • 少し高い
  • 漏れる場合がある

最大のメリットとしてステンレスボールを入れてシェイクするので、粉溶けは抜群に良いです。

デザインもおしゃれでカラーバリエーションも4種類あります。そのおかげで、ジムなどでも違和感なく使用できるのが嬉しいポイント。

しかし、少し気になるのが製品に個体差があるのか

「蓋が緩い」「持ち運ぶ際にこぼれた」という声もあるので注意が必要です。

多機能プロテインシェイカー

スマートシェイク

【※スマートシェイクボトル500ml】

このシェイカーの最大の特徴はシェイカーの底に、プロテインの粉やサプリメンをを収納できるスペースがあるということです。

それにより、ジムや野外でのトレーニングの際にはすぐに粉をシェイクして飲むことができます。

更に、内部にはメッシュがついているので、粉溶けも抜群です。

【メリット】

  • 使いやすい
  • おしゃれ
  • 収納スペースがある
  • メッシュが付いている

【デメリット】

  • 洗いにくい
  • 少し高い

粉の収納スペースがあるのでジムに通っている人には嬉しいシェイカーです。

収納にいれていた蓋が取れて粉が散乱したという人もいるので、しっかりと閉めてください。

関連記事Blender Bottle ProStak(ブレンダーボトルプロスタック)というプロテインシェイカーを購入してみた【海外限定?】

おすすめプロテインシェイカー

上記は、代表的なプロテインシェイカーとその種類と特徴を説明しました。

以上を踏まえて、おすすめのシェイカーと選び方を紹介します。

選び方のポイント

  • 使いやすい
  • 価格が安い
  • 洗いやすい
  • 粉溶けが良い

選び方のポイントはこの4つ。

これを踏まえて選んだプロテインシェイカーはこちら!

【バンデル】プロテインシェイカーです。

メーカー:バンデル
販売:楽天市場

まず初めに、シェイカーを締めた時、蓋が緩いと感じたことはありませんか?

力いっぱい締めたら一周してしまいそうな感覚が誰にでも経験があるはずです。

その結果、少し力強くシェイクした時にどこからともなく中身が漏れていた事はありませんか?

事実、数種類のシェイカーを使ってきた私も経験があります。

ですが、このバンデルのシェイカーは一切そんな事はありません。

蓋もしっかり、閉まりシェイク時の漏れもありません。

しかし、このシェイカーは一般的なシェイカーなのでメッシュもついておらず、粉溶けに不安が残ります。

それを、解決するのが個別のステンレスボールです。

このシェイカーとステンレスボールの組み合わせで有意義にプロテインを作ることが可能になります。

本当におすすめなので、是非ためてみてください。

メーカー:GAOHOU
販売:Amazon

まとめ

多種多様のプロテインシェイカーがあるので自分にあったシェイカーを選びましょう。

私の場合は、自宅で飲むことが多いので一般的なシェイカーにステンレスボールを入れています。

是非、参考にしてみてください。


シックスパッド

まだまだ人気が凄いですね!
当サイトでも大人気で衰える気配がありません。
腹筋を鍛えたいならシックスパッド!最近では贈り物として利用している人も多いようですね。詳しくはこちら↓